So-net無料ブログ作成

2014東京マラソン応援報告 [レース]

各種イベント案内                                全てのイベントは会員内外問わずどなたでもご参加いただけます。
石切さん.JPG

3月30日生駒山麓花見マラニック練習会参加者募集のお知らせはこちら 

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]

2014.2.23東京マラソン 08.jpg

東京マラソン、往路12km付近、復路19km手前の増上寺前と37km手前月島の高架道路上二箇所で応援してきました。
増上寺前は往路と復路と2度見る事が出来ますが沿道はあっという間に隙間なく埋まってしまうので実際は往路か復路か決めておかないと移動が困難です。
なのではなから復路側の方に立ってランナーが来るのを待っていました。

今回はランバディの会員さんは5名参加。
しかしいつも東京マラソンは意中のランナーさんを見つけるのが本当に大変です。
今回は幟も持ってこなかったので果たして何人に声かけられるか?不安でした。

2014.2.23東京マラソン 09.jpg

12km地点で一番最初にやってきたのは会員ではなく合宿等参加してくれている徳原コーチ。
今回はアキレス腱が少し腫れてるという事と、調子自体も万全ではなく15km手前で残念ながら棄権。
しかしその決断は早くてよかったと思います。
一度しっかりアキレス腱を治して2時間20分を切るという目標を達成してもらいたいです。

2014.2.23東京マラソン 10.jpg

増上寺前では知り合いは何人か声をかけたり逆に声をかけられたりしましたが会員さんは見つけられず。
そこで今度は比較的容易に移動できる月島まで行ってみました。
しかし月島もかなりな人だかり。
何とか見れる位置を確保して待っていると会員で一番最初にM野さんがやってきました。
応援に行くことを言ってなかったので声をかけたときのびっくりした表情がすごく印象的でした。
走ってるその姿は元気そのものでいいタイムが出るだろうと予想していましたが久々の3時間26分台、2012年のタイムも上回っていました。
ランバディのこのピンクのユニフォームは目立って探しやすいです(^o^)

2014.2.23東京マラソン 11.jpg

続いては自己記録を約6分更新された67歳ランバディ最年長会員のS崎さん。
タイムは3時間35分台(ネット)。
昨年夏に入会当初は私のメニューとのかみ合わせがなかなかうまくいっていなかったのですがここにきてようやく練習が軌道に乗り出して順調に練習出来ていました。
3時間38分が第一目標でしたがそれはまず大丈夫だろうと送り出していましたがしっかりと結果を出されました。
今シーズンは微妙ですが来シーズンは間違いなく3時間30分は切れるでしょう。

2014.2.23東京マラソン 12.jpg

最後はA井さん。今回は仮装だったようです。
声をかけたときはちょっと気づかずでしたね(^_^;)
練習環境がかなり悪くても夜遅くから距離走もするバイタリティの持ち主さん。
今回は3時間47分台でしたが状況を考えると良く頑張ったといえるでしょう。

このほか自己記録を一気に約40分以上縮めて一気にサブフォー手前まで来たYさんや名古屋の調整ながら4時間4分台で走ったOさんなど今回は自己ベスト2名セカンド記録1名それに近いタイムのもの1名、となかなかの好成績でした。

やはりマラソンはまずコンデションですね。
そしてコースと沿道の応援、今回は東京マラソンらしいタイムが出るマラソンレースだったと思います。

ワールドメジャーに昇格した東京マラソン、いい大会です。
来年はやっぱり走りたくなりました(笑)





【チャレンジTシャツ販売中】
練習会やレース、普段の練習にも、どなたでもご購入いただけるTシャツを作りました。
色はホットピンク・オレンジ・ロイヤルブルー・ブラックの4色です。
お値段は以下の通りです。
ランバディ各練習会にて購入(受け取り)の場合は2000円
練習会以外での手渡しは2500円、郵送希望はプラス500円送料がかかります。

最近は練習会でこのシャツを着てくれる参加者の方が増えました。
ありがとうございます(^o^)

在庫状況 2/25
ホットピンク/SS(0)S(2)M(6)L(0)
オレンジ/SS(0)S(0)M(0)L(3)
ロイヤルブルー/SS(0)S(1)M(1)L(3)
ブラック/SS(0)S(0)M(3)L(4)
( )内は残枚数 在庫ゼロのサイズについては注文後の発注になり約4週間の日数がかかります。

001.jpg

購入のお申し込みは以下のフォームからお願いします。
追って代金振込口座をお知らせします。

PC用購入申込フォームはこちらから

携帯用購入申込フォームはこちらから

このQRコードからもお申込みいただけます。
Tシャツ申込QRコード.jpg

参考サイズ表はこちら
サイズ表 00.jpg

私(身長174cm 胸囲91でもMサイズで十分です。
少し大きめなつくりになっています。

2012チャレンジTシャツ.JPG


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ




nice!(0)  トラックバック(0) 

大阪城リレーマラソン参加報告 [レース]

2012.05.05 066.NEF.jpg

5月3~5日ランバディGWキャンプ参加者募集のお知らせはこちら



[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]

01.JPG

JAバンク大阪presemts大阪城リレーマラソン2013。
今回ランバディチャレンジマラソンメンバー同窓会を兼ねて昨年練習会に参加してくださったメンバー、それにランバディの会員さん含めて総勢19名集まってくださり42.195kmのリレーマラソンに参加しました。

この大会、種目が42.195kmと20kmの二部門あり全部で850チームがタスキリレーを行う壮大な大会で、仮装を競う部門もあり仮装のユニークなランナーも数多く、走り易い距離設定からというのもありすごく人気があります。
早朝からたくさんのランナーが大阪城、太陽の広場を埋め尽くしていました。

02.jpg


昨年作ったチャレンジTシャツ、全員揃うとやっぱり見栄えしますね[わーい(嬉しい顔)]
1区のふるさんだけ撮れていなくってすみません[ふらふら]
チーム成績は私も含む20人でリレーして3時間15分53秒で総合150位。
20人がかりで3時間15分台、やはりこのレベルのランナーの凄さを実感します[あせあせ(飛び散る汗)]
でも皆さん、けっこう速かったです。
私の予想は3時間25分くらいでしたからね[わーい(嬉しい顔)]

03.jpg

この日は昨年のチャレンジ大阪マラソンのモニターメンバーが昨年の打ち上げ以来集結しましたがほとんどのメンバーがランニング継続率低下[バッド(下向き矢印)][がく~(落胆した顔)]
この中で大阪マラソン以降もう一回マラソンを走るというのは徳島にエントリーした一名のみ。
やはりランニングを生活の中で定着させる難しさを実感しますね。
それでもまあ彼女たちまだまだ若いですし、また走り出す時が来るかもしれません。

04.JPG

リレーマラソンは一人のレースじゃなく、タスキをつながないと成立しないレース。
それはそれでわいわい言いながら楽しい時間だったと思います。

参加していただいた皆さん、お疲れ様でした。


【チャレンジTシャツ販売中】
練習会やレース、普段の練習にも、どなたでもご購入いただけるTシャツを作りました。
色はホットピンク・オレンジ・ロイヤルブルー・ブラックの4色です。
お値段は以下の通りです。
ランバディ各練習会にて購入(受け取り)の場合は2000円
練習会以外での手渡しは2500円、郵送希望はプラス500円送料がかかります。

在庫状況 3/21
ホットピンク/SS(0)S(3)M(6)L(0)
オレンジ/SS(0)S(1)M(0)L(3)
ロイヤルブルー/SS(0)S(3)M(4)L(3)
ブラック/SS(0)S(0)M(5)L(4)
( )内は残枚数 在庫ゼロのサイズについては注文後の発注になり時間がかかります。

001.jpg

購入のお申し込みは以下のフォームからお願いします。
追って代金振込口座をお知らせします。

PC用購入申込フォームはこちらから

携帯用購入申込フォームはこちらから

このQRコードからもお申込みいただけます。
Tシャツ申込QRコード.jpg

参考サイズ表はこちら
サイズ表 00.jpg

私(身長174cm 胸囲91でもMサイズで十分です。
少し大きめなつくりになっています。

2012チャレンジTシャツ.JPG


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


2013東京マラソン [レース]

01.JPG

2013東京マラソン走ってきました。

今回で7回目を数える東京マラソン。

4回目の出場はやはりくじ運良い方なんでしょうね。



しかし今年も天候は良かったですが待ち時間は冷えました[ふらふら]

気温1度か2度の場所で1時間待つのはこれも東京マラソンの醍醐味!?



スタート前はびっくりする再会もありました。

私の斜め前に座っていた男性が大阪の元会員さん(笑)。

社長さんで忙しくなって円満退会されたのですが、その後はお互い大阪でもめったに会わないのにあの36000人の人がいる場所で出会うとは本当に不思議でした。

その他にもレース序盤、ふと横見たらこのあいだ大阪国際で初めてお会いした方と偶然出会ったり、35km過ぎ、沿道に元会員さんを見つけたり。

突然の再会はこのマラソンならでは、みたいで面白いです。

02.jpg

スタート待ち時間は震えてましたが、スタートしてしまえば寒さもどこへやら。

上の写真はランバディの合宿でコーチを務めてくれる奥田さんが偶然カメラにおさめたもの。

私もこの時点では奥田さんや幟のことすら全く頭の中にはありませんでした。

奥田さんは奥さんが出場されてるので沿道にはいると確信はしていましたが事前に連絡取リ合ってっていなかったので10kmではまだいないだろうと高くくってました。

03.JPG

東京マラソンで好きな光景の一つがここ。

東京タワーがブルーの空に映えてました。

04.JPG

そして雷門。

この辺りの道幅は狭く沿道の熱気が一番感じられます。

05.JPG

雷門を正面に観ながら右折したら今度は目の前にスカイツリーがお目見え。

この辺りは完全に疲れを忘れさせてくれます[わーい(嬉しい顔)]

06.JPG

今回はマラソン練習というものは練習会のLSD以外はほとんどしておらず、2回程度30km走はしましたがそれを上回る過去最高体重で体が重かったです[たらーっ(汗)]

4時間が切れたらそれでよし!と考えて関門のタイマーを見ながら走りましたし、時折自分の時計も見ましたが、ほとんどは主観強度を頼りに走りました。

それでもまだペースの感覚は鈍っていなかったようでそれはちょっと嬉しかったですね。



最後ゴール手前の直線に自分のチームの幟が見えた時は感動しました。

走っていて幾多のクラブチームの幟が目に入りましたがちょっと寂しさも感じていましたから。

奥田さんいわく「宣伝しとかなあかんっしょ」

本当に感謝感激でした、奥田さん[わーい(嬉しい顔)]


07.JPG

今年は子供にも分かりやすい物を、と選んだこの被り物。

自分のキャラじゃないのは十分承知していてちょっと気恥ずかしかったのも事実。

しかし小さな子供が「あ~!?りらっくま~」と声出してくれる場面が何度もあってよかったです。

年配の人は「くまちゃん、頑張れ~!」でしたけど[あせあせ(飛び散る汗)]

今年気付かされたのは沿道の応援の仮装の多さ。

沿道の応援の人たちも完全に東京マラソンの参加者の一人としてそれぞれ参加してる、そんな感じが特に強く感じられました。


心拍変動.jpg

今回は心拍計付けて久々に走りました。

途中どーんと下がってる三か所はトイレ(小)タイムでした(^_^;)。

最近最大も安静時も図っていないので正確じゃないですがおおよそ予備心拍強度67%でした。

この日のラップは27:20-26:17-28:05-27:12-27:39-30:04-26:52-27:19-13:20/3:54:08

東京マラソン走行地図.jpg

GPSは正確にトレースしていましたが走行距離が45km超えてました(笑)。

08.JPG

最後は浜松町で打ち上げ。

この中に今回の東京マラソン2時間21分04秒で走ったランナーがいてたのですがその練習内容の話で結構盛り上がりました(^_^;)。

東京マラソン.jpg


過去2007、2008、2011と3回出場していますがタイムを狙った記念すべき第1回目は寒くて低体温で25kmであえなく撃沈、DNF。
2008年2回目は多分過去最高の天気じゃなかったかというくらい穏やかなコンデションでした。
2011年は仮装に目覚めテ2レース目のレースでしたがこれで病み付きになった感じです(笑)。


今回の会員さんの成績は自己新はいなかったのですが皆さんこのレースだけは走れることがうれしい、そんな感じでした。

こんなかわいい仮装と笑顔で3時間25分で走った会員さんも[わーい(嬉しい顔)]

09.jpg


今回は会員さんが2名、合宿によく来て下さる方が1名ボランテアされてました。

今考えたら写真撮っとけばよかった[がく~(落胆した顔)]



やっぱり東京マラソンはいいですね[黒ハート]

大会関係者、ボランテアの皆さん、ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]



【チャレンジTシャツ販売中】
練習会やレース、普段の練習にも、どなたでもご購入いただけるTシャツを作りました。
色はホットピンク・オレンジ・ロイヤルブルー・ブラックの4色です。
お値段は以下の通りです。
ランバディ各練習会にて購入(受け取り)の場合は2000円
練習会以外での手渡しは2500円、郵送希望はプラス500円送料がかかります。

在庫状況 2/12
ホットピンク/SS(0)S(4)M(6)L(0)
オレンジ/SS(0)S(1)M(1)L(4)
ロイヤルブルー/SS(0)S(3)M(4)L(4)
ブラック/SS(0)S(0)M(5)L(4)
( )内は残枚数 0は注文後の発送になります。

001.jpg

購入のお申し込みは以下のフォームからお願いします。
追って代金振込口座をお知らせします。

PC用購入申込フォームはこちらから

携帯用購入申込フォームはこちらから

このQRコードからもお申込みいただけます。
Tシャツ申込QRコード.jpg

参考サイズ表はこちら
サイズ表 00.jpg

私(身長174cm 胸囲91でもMサイズで十分です。
少し大きめなつくりになっています。

2012チャレンジTシャツ.JPG


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


2012奈良マラソン レースレポート [レース]

01.JPG

今年も走ってきました、奈良マラソン。
いやはや、今年の奈良は寒かった[ふらふら]
スタート9時の気象状況は6℃、湿度62%、北北西の風1.6m/s(主催者発表)
未明の雪で会場付近の屋根瓦は真っ白、道端にも雪が薄っすらと残り、こりゃ今日は天理方面も寒そうだなと覚悟は決めたものの、スタート前から10km位までは全く体が温まりませんでした。

さて、今年の奈良マラソンどんな感じだったか画像を交えてレポートしたいと思います。

02.JPG

ランバディからもフルマラソンに4名、10kmに1名の参加。
結果はフルで自己ベスト1名含む全員完走、10km女子で7位入賞、というものでした。

03.JPG

今年もゲストは有森さん。
いつも通りハイテンションでランナーを送り出してくれました。

04.JPG

朱雀門前では昔の衣装でお出迎え。やはりこのあたりは奈良らしいところですね。

05.JPG

今年の参加賞Tシャツのバックプリントは金剛力士像。
このシャツを着て走るランナーも多かったです。

06.JPG

今年も男子の優勝は平田君(奈良陸橋)で2時間24分24秒。
この時点で後続を昨年以上にぶっちぎってました。
昨年も書きましたが彼はジュニア時代、私がコーチしていた久宝寺RCに練習しに来てくれていました。
研究熱心ですし今後2時間15分くらいまでいってほしいですね。

07.JPG

弘仁寺付近あたりは斜度がきつくなってきます。
とにかく奈良マラソンは坂との戦いです[パンチ]

08.JPG

女子優勝の田畑選手(元気アップこもの・三重)2時間43分16秒
このコースで43分台は強いですね。
コーチでもあるご主人さんのお話では奈良のこの坂を攻略するためにクロカン練習を重視した練習を積んで準備してきた、という事でした。
その成果は十分出たのではないでしょうか[わーい(嬉しい顔)]

09.JPG

天理大敷地内を一部走りますがフィジカルサポート隊の女の子たちもこの時間帯は並んで応援してくれていました。
帰りに通過した時はランナーのサポートで大忙しだったようですけど。

10.JPG

往路の白川大橋もなかなか厳しいところです。
この辺りでは空も真っ白で、この後雪もちらつき始めました。

11.JPG

この中間点あたりから先がコースの中でもっとも傾斜のきつい上りになるところ。
ホント、奈良のコースは厳しい、ここを走れば福知山もかなり優しいコースに思えます。

12.JPG

福井から参加のずっちーさん。奈良も三年連続です。

13.JPG

天理教本部の建物の下も通ります。ここも毎年撮影する奈良マラソンの特徴的なポイントですね。

14.JPG

銀杏並木通り、昨年はまだ一部に黄色い葉が残っていましたが今年はもうすでに銀杏は葉をすべて落としてました。それでもここも好きな景色です。

16.JPG

奈良マラソンは何と言っても応援が多彩、これは本当に元気をもらえます[わーい(嬉しい顔)]

17.JPG

奈良マラソンコース試走練習会に参加くださったまっつんさん。
ひざを痛めていたらしくかなり厳しいレースだったようですがそれでもコースを試走した効果はあったようです。
18.JPG

天理大施設構内では練習会に何度も参加いただいてるいぬいさんにもお会いできました。
奈良では多くの練習会参加者とお会いする事が出来ましたし、自己ベストを出された方もいて、やはりそういうのは嬉しいですね。

19.JPG

アコーデォン演奏でランナーを激励してくださる紳士お二人。
ここ精華地区では竹を太鼓代わりに叩いての賑やかな応援もあります。

20.JPG

奈良マラソンの応援パフォーマーの中で一番人気はこの方でしょう。
今の葉狂志郎さん。
本物そっくりのそのパフォーマンスに元気をもらうランナーはいっぱいいたはず。
もうすっかりならマラソンの名物でしょう[わーい(嬉しい顔)]

今回のレース15時のゴール地点で気温7℃、と示すようにほとんど気温が上がりませんでした。
風が吹いたところでは実際体感温度はもう少し低かったはず。
その中での完走率全体で92.6%というのはコース環境その他を考えてみても割と高い完走率と言えるのではないでしょうか。

途中10km過ぎの給水から16kmくらいまで給水がない箇所があって「なぜ?」と思うところもありましたが荷物預かりの運営の手際の良さやトイレの数の多さ、会場での飲食物提供の種類の豊富さ、そして応援の温かさ、どれをとっても素晴らしい大会であることには間違いないです。

今年の完走メダルです。
昨年はシックな感じでしたが今年はなかなか綺麗なデザインじゃないですか。

なかなか地域の声は賛成派だけではないようですが、これだけの人が楽しめるマラソンレースなのですから来年も開催されることを願っています。


大会を運営に携わったすべての方々大変寒い中、ありがとうございました。

参加されたランナーの方々もお疲れ様でした。

21.JPG




【チャレンジTシャツ販売中】
練習会やレース、普段の練習にも、どなたでもご購入いただけるTシャツを作りました。
色はホットピンク・オレンジ・ロイヤルブルー・ブラックの4色です。
お値段は以下の通りです。
ランバディ各練習会にて購入(受け取り)の場合は2000円
練習会以外での手渡しは2500円、郵送希望はプラス500円送料がかかります。

在庫状況 12/11
ホットピンク/SS(2)S(4)M(6)L(0)
オレンジ/SS(1)S(1)M(3)L(4)
ロイヤルブルー/SS(0)S(3)M(4)L(4)
ブラック/SS(0)S(0)M(5)L(4)
( )内は残枚数 0は注文後の発送になります。

001.jpg

購入のお申し込みは以下のフォームからお願いします。
追って代金振込口座をお知らせします。

PC用購入申込フォームはこちらから

携帯用購入申込フォームはこちらから

このQRコードからもお申込みいただけます。
Tシャツ申込QRコード.jpg

参考サイズ表はこちら
サイズ表 00.jpg

私(身長174cm 胸囲91でもMサイズで十分です。
少し大きめなつくりになっています。

2012チャレンジTシャツ.JPG


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


名古屋ウィメンズ 仮装も華やかに [レース]

ランバディGW合宿in御岳参加者募集のお知らせは こちら

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]

01.JPG

スタート付近にいたドアラに見送られながらスタートするランナーたち。
ここには名古屋おもてなし武将隊の皆さんもいましたね。
どちらも初めて見ましたが、このドアラと武将隊の仮装の方はいませんでした(私の見た範囲では)。

02.JPG

女性ばかり1万3千人を超えるとさすがに壮観、華やか、彩りがあります。
今回は独断と偏見でそんな彩りあるウェア、そして女性ならではの仮装で目を引いたものを集めてみました。

03.JPG

左の方の黒主体、右の方のブルー主体のコーデ、どちらもタイツがポイント。どちらもいい着こなしだと思います[わーい(嬉しい顔)]
最近はこういったデザイン性の高いタイツも多く出ているんですね。

04.JPG

タイツ率やはり高いです。
それもビギナー?さんほどタイツ率が高いように思います。
たまたま撮ったこの画像、皆さん本当にカラフルですね。あとキャップをかぶっている人も多いような気がしました[わーい(嬉しい顔)]

05.jpg

今回目立ったのがこのアオザイ?チャイナドレス?違いが全く分かりませんが[たらーっ(汗)]このコスチュームが目を引きました。右の方はすごいドレス?ですね。これも手が込んでるなって思いました[わーい(嬉しい顔)]

06.JPG

この一枚も皆さんいろいろなカラーに溢れています、、タイツもキャップも。
そしてレインボーのアフロ。アフロは手軽、それでいて目を引きますし今回も多く見受けました[わーい(嬉しい顔)]

16.jpg

左の方のいちごのプリント模様のサイクルジャージ、だと思いますが可愛いですね。サイクルジャージは結構探せばおしゃれなものもあるかもしれませんね。右の方はひこにゃんの帽子が何と言っても効いてます[わーい(嬉しい顔)]

07.JPG

出ました。ゴールデンアフロ。
このグループは毎回かなり凝っているのを知っていますが、今回も注目されてたんじゃないでしょうか。今回目によく止まったのはグループ仮装です。
一人よりも二人、二人よりも三人と女性の場合はグループで目立つ!というのが多かったです。
ちなみにこのグループは4人組、向こうから声をかけていただきました[わーい(嬉しい顔)]

08.JPG

これも300ミリの望遠でファインダー覗いていてすごく目立っていたグループですね。
こちらもチャイナドレスの皆さん、本当にカラフルです[わーい(嬉しい顔)]

09.JPG

こちらは前二人と後方二人は別コンビ?
衣装合わせるときっと気持ちも合わせられる?息があった走りをしてるように見えますよね[わーい(嬉しい顔)]

10.jpg

左のグループの衣装もなかなか。黒と赤のストライプ?目立ちますね。
右のグループはこれもピンクのチャイナドレス、鮮やかです。金髪のヘアウィッグと羽毛扇子が目立ち度をアップさせてますね[わーい(嬉しい顔)]

11.jpg

最後、今回の名古屋で一番だったと思うのがこの左のサラリーマン女子と右の自衛隊のギリースーツ[手(チョキ)]
サラリーマンは先の東京では何人も見つけた最近では珍しくない仮装ですが女性ばかりの中に現れると一際目立ちます。
そしてこのギリースーツ、この名前を知りませんでしたから調べました。
このスタイルで走っている人を別々に二人見ました。二人で並ぶともっとインパクト大かもしれません。
というかこのスタイルは私、初めて見ました。調べたらamzonでも売っているようですが、この方は本物の自衛官なんでしょうか?

このほかにもなすびや大根の被り物、メイドさんやミニーちゃんというのは結構ありました。
私が見ていたのは35km過ぎの丸の内交差点手前で14時くらいまでですから、そのあとにもっといっぱい仮装した人がいたかもしれません。
しかしこの日はローファー履いていたので長時間立ちっぱなしは結構堪えました[ふらふら]

13.JPG

この前の東京では肩を怪我した直後で旗を持つのをやめましたがそのせいでまったく会員さんからも見つけてもらえませんでした。
今回は旗持参、そして昨年の大阪マラソンのように緑のアフロを被りますから見つけてくださいとお願いしたら会員さんのみならずたくさんの方に見つけてもらえました。
やはりこういった沿道にも人があふれるレースでは応援側も目立つようにしておかないと、知り合いに声かけるチャンスを逃してしまいます[たらーっ(汗)]

15.jpg

左の方は関東にお住いの以前からの知り合いの方ですが偶然見つけてくれました。右の方は昨年私のチャレンジ大阪マラソンという企画のモニターを務めてくれた方です[わーい(嬉しい顔)]

14.JPG

ゴールして皆さん、イケメン隊からティファニーのペンダントもらいましたか?
なぜかエリートの部は手荷物預かり所で、陸協のビブスを着た男性からもらうようになっていたとか。
更衣場所が違うからなのかもしれませんがゴールする場所が同じなのだからもらえるようにしてあげればいいのに[あせあせ(飛び散る汗)]

今回のマラソン、トイレの問題とか後ろからハーフの部がくるようになっていてそれが後続ランナーとハーフランナーのお互いのストレスになったり、エリートの部も市民ランナーはぎゅうぎゅう詰めだったりとか、結構問題もあったようなことを聞きます。
しかし私がいた35km過ぎ地点で多分5時間30分くらいでゴールするであろう女性が家族の応援に立ち止って話をしていたのが聞こえました。
「神戸よりは断然食べ物もいっぱいあっていいわぁ」「コースも走りやすいし」「応援も多くて楽しい」と。
「最悪」という声じゃなくてよかったです。

ま、第一回目というのはそう完璧にはいきません。苦情に広く耳を傾けてどれだけいい方向に改善が出来るかでしょうね。
どうですか?来年は走りますか?仮装でグループ走、これが楽しいかもしれませんね[わーい(嬉しい顔)]

※最後の2枚、私の写真とドーム内のイケメン隊の写真はこちらこちらからいただきました。
はぴちのパパさん、拝借させていただきました。ありがとうございました。


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


2012名古屋ウィメンズマラソン [レース]

ランバディGW合宿in御岳参加者募集のお知らせは こちら

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]

00.JPG

早朝6時15分にナゴヤドームにつきました。ナゴヤドーム初めて見ましたがその姿はなかなか壮観ですね。今日このスタジアムのグランドに一番に帰ってくる選手は誰なのか、会員さんたちはしっかり走ってくれるだろうか、いろいろな思いがよぎります。

01.JPG

Crystal Kayさんの国歌斉唱、被災して亡くなられた方への黙祷、そして頑張ろうの掛け声とスタートに向けて市民ランナーのボルテージも上がります。 

02.JPG

オフィシャルサポートランナーの長谷川さん、安田さん、道端さん。
安田さんは3時間45分台で完走されたとか、速いですね。沿道では全く気が付きませんでした。

03.JPG

今回のスタート場所はナゴヤドーム前でしたが、スタートの道路幅は神戸や大阪よりも狭かったですね。
コースの全体のイメージが幅広だったので、スタート前だけは少し窮屈そうでした。

04.JPG

今回のレース、女性だけのフルマラソンとしてギネス申請するとかいう話ですが、女性だけで13114人ということで本当にスタート風景も壮観でした。

05.JPG

先頭が1kmを通過しました、というテレビ実況が会場に流れたとき、最後尾はまだスタート場所の直線道路にも達しておらず、改めてマンモスレースだなと実感しました。

16.JPG

今回はオリンピックの最終選考会、結果は優勝はロシアの選手でしたが日本人1位には尾崎選手(第一生命)が入りましたね。レース内容をまだテレビで確認していないので何とも感想は言い難いですが、個人的には「オリンピックに出たい!」という思いが皆あった中、尾崎さんにこの日、一番力があったという事だと思います。
選考結果は今日出ますね。昼からのニュースに目が離せない一日になりそうです。

今回のレース、選考会という競技会としての顔と市民ランナーがマラソンを楽しむ、二極のものが同居するレースでしたが、市民ランナーの4時間後半から5時間台クラスの走りを見ていると、制限時間7時間というのはとってもマラソンの垣根を低くするものだと改めて感じました。

最後のほうでは少し小雨もぱらついたりしましたが、みなさん一生懸命にゴールを目指していました。完走率はまだ目にしていませんが、コンデション的には良かったと思うのでどれくらいの数字が出ているのか興味あるところです。

17.JPG

女性の皆さんはこれをゲットするために頑張った、という方も大勢おられるでしょう、今回の完走のご褒美、ティファニー社製のペンダント。GO WOMEN という刻印入りです。

パーティ会場では大村知事が「来年もぜひお願いします」と言っていたので来年もまた名古屋で初マラソン、という目標を持つ方が増えるかもしれませんね。

走られた皆さん、ボランテアやすべの大会関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。

いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


びわ湖毎日マラソンを観戦して [レース]

ランバディGW合宿in御岳参加者募集のお知らせは こちら

[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]

昨日行われたびわこ毎日マラソン、ロンドンオリンピックの最終選考会のトリを飾るレースでしたが非常に見応えのあるレースでしたね。

記録面では日本に在籍するサムエル・ドゥング(愛知製鋼)選手が2時間07分04秒で優勝と世界的な流れから見れば2分は遅れた記録、そこからなお約2分近く離されてのゴールで手放しで喜べない面はあるにしても、自己記録12分台から大きくジャンプアップしたその走りは将来性は感じられますね。

しかし25kmでペースメーカーが外れてからは日本人トップは堀端選手が果敢に前を追う展開になって下馬評通りかという展開でしたが最後に大きなどんでん返しというか、大逆転劇があろうとは。

私もテレビをじっと見ていて25kmで堀端選手が動いた時、後方で待機したのか出る勇気がなかったのかは定かではないですが、あきらかに中本選手と堀口選手は貯めている印象がありました。
ただ失礼ながら山本選手は元々1500出身ですし持たないだろうと予想していました。

38kmで堀端選手が中本選手に追いつかれた時点で中本選手が日本人一位と思われましたがその後、画面ではぐんぐんと山本選手の姿が近づいてきて、追いつくだろうという事がはっきりわかるくらいの勢いの差で、最後はトラックバックストレートで一気に決着しました。

しかし少し調べてみたら山本選手、一か月前の丸亀ハーフで1時間01分54秒で走っているんですね。ちなみに先週7分台を出して東京で日本人一位になった藤原選手はこの時1時間01分34秒。やはり予兆はあったという感じです。

山本選手は兵庫の長田高校の出身ですが私はなぜか近畿大会のレース(それがインターハイかユースなのか忘れましたが)走りを見た記憶が残っていました。当時はまだ1500が得意な選手というくらいの印象でしたがけっこうがっちりした1500選手らしからぬ重厚な走りのイメージがありましたね。

その後中央大学に進学したことももちろん知っていましたし、1500の選手というイメージが四年間で箱根を走れる選手になったという成長は当時見て取れましたが、ここまで成長するとは驚きました。
しかし見方を変えれば駅伝有名校でなかったこと、1500から大学で距離を伸ばし、そこに目標の箱根があって、箱根を走ったから今の彼がある、と言えなくもない。つまりこんなところに箱根の価値はあるのかなと。

あとこれはtwitter情報ですがなんでも12月から2月にかけて毎月、月間走行距離1200kmをこなしたとか。これが本当ならすごい練習量です。
これを高校時代1500を主戦場にしていた選手がやり遂げたというのならそれはそれですごいこと。走行距離の多さについては賛否両論、色々言われる昨今ですが要は自分の特性を生かす練習スタイルを確立する事が大事だという事が今回のことからもわかりますね。
ただし今後もこの調子でこの量がこなせて故障しないという保証はないわけで、今後については不安要素も残りますが、トップを取るために自分の得意なスタイルを貫けたらそれも本望でしょう。

山本選手の今回のフルでの記録以前の各種目ベスト記録は以下の通り
1500m…3分49秒8 / 5000m…13分54秒96
10000m…28分22秒84 / ハーフマラソン…1時間01分54秒
マラソン…2時間12分10秒

これで山本選手の代表選出は間違いないところだと思います。問題は三人目でしょうね。


ここまでの選考対象のレースは以下の通り。
選考レースのタイムと順位。

●世界選手権(2011年9月)
7位 堀端宏行(旭化成) 2時間11分52秒
10位 中本健太郎(安川電機) 2時間13分10秒
18位 川内優輝(埼玉県庁) 2時間16分11秒

●福岡国際マラソン(2011年12月)
3位 川内優輝(埼玉県庁) 2時間9分57秒
4位 今井正人(トヨタ自動車九州) 2時間10分32秒

■東京マラソン(2012年2月)
2位 藤原新(東京陸協) 2時間7分48秒
6位 前田和浩(九電工) 2時間8分38秒

●びわ湖毎日マラソン(2012年3月)
4位 山本亮(佐川急便) 2時間8分44秒
5位 中本健太郎(安川電機) 2時間8分53秒


これでまた選考がもつれそうです。三人目が中本選手と川内選手、東京2位の前田選手の争いになりますね。持ちタイム、川内選手が僅かに上(08分37秒)で福岡日本人1位、昨年テグ世界陸上、中本10位、川内選手18位、前田選手08分38秒。活躍が期待される選手を選考するとの一文が微妙ですね。

あとは選考会のタイムが自己記録より優先されるなら川内選手は不利、雨中で8分台の中本選手か、高速レースでの伸び白を考えたら10000m27分台の記録を持つ前田選手が有利か、とも思いますがどうなることやら。
世論は川内選手を望む声が多くなるのは間違いないと思いますが大体いつも世論と違う決定になるのが今までの選考結果ですから。

しかし今回山本選手は一般参加。持ちタイムが2時間12分台ですから一般参加とはいっても参加資格としてはかなり上位な記録(日本国内では)ですし実業団「佐川急便」はニューイヤー駅伝にも出ている関西の強豪チームです。招待選手だけがエリート選手というわけでもないですし、この一般参加だけが独り歩きして一般参加イコール実業団じゃない選手、一般の選手という誤解というか勘違いをされたことはちょっと可哀想な感じがしました(苦笑)。
でも「プロとして会社からサポートを受けているからには結果を出さないと」と言いうようなことをインタビューでも語っていましたし、その気持ちはこれからも持ち続けて頑張ってほしいですね。

最後に余話をもう一つ。ランナーズの2007年2月号に山本選手が中央大学の学生時代の記事(キャプテン)という連載物に登場しています。その記事からも彼の人柄の良さが感じられます。


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


2012東京マラソン 番外レポート編 [レース]

01.JPG

東京マラソン、今年は会員さんが9名出場していましたがレース中に声をかけられたのは4名、やはりこの人数ではなんか方策を考えないとだめですね。
今回は直前に肩を怪我した関係で幟を持つのをやめましたけど何か応援者も目立つ格好でいないと。
twitterでは大会側はこの幟・旗類を容認していないとしていましたがはっきり言って事実上なし崩しですね。まあそれほど規制するような代物でもないとは思うんですが。
どっちにせよ今回は東京マラソン初めて応援側に回ったので要領を得ていなかったのもまずかったです。

それでも今回ランバディの合宿に来てくださった方や私の古くからのお知り合いなど結構確認する事が出来ました。
皆さん生き生きとした表情でしたね。東京という舞台がこれだけ人を高揚させるんでしょうか?


02.JPGサブスリークラスはやはりコースが比較的広く感じられます。にいやんさん彼と知り合ったのはランバディ立ち上げ前ですからもう7年?くらいですが。家庭を大事にするパパさんランナーですが練習はもっぱら早朝主体。それでも工夫して練習しておられます。今回は56分台でゴールされていました。

04.JPGО木さん、大阪ハーフの好調を維持して見事マラソン8戦目で56分台のサブスリー達成、素晴らしいです。おめでとうございます。

06.JPG昨年はランバディのイベントに多数お越しくださった和泉のニコチンさん。

07.JPG姉妹ともに東京に当選したという幸運な会員さんです。走る人も目立つ衣装でないとなかなか見つけられません。

13.JPGマスクをしている彼は旧知の仲。40km付近でばったり会いました。昨年すいかマラソンに行った際にも彼には偶然会っていますが出会い率高過ぎ(笑)。今回はかわいいお子さん連れでした。

ここからはたくさんいた仮装ランナーの中で私が遭遇してたまたまカメラに映った方で「おっ!」と思った仮装をご紹介しましょう。

08.JPGサブスリーのペーサーの前を行くこの方はサブスリーされたんでしょうか?

09.JPGこの格好はかなり気合入っていますがかなり蒸れそう(汗)

10.JPGこれくらいなら暖かくていいかもしれませんね(苦笑)。

今年数多く目立っていたなと思うのはサラリーマンス、スーツ姿でしたね。あとはマリオや白鳥、女装、ミニーちゃん、昨年私もやったちょんまげに着物スタイル、そして気軽なアフロなど多かったですね。
応援してる人で仮装してる人をパッパッと瞬時に名前呼んで応援できる人、「しゃちほこ~」「鬼太郎~」「メイドさ~ん」「ドナルド~」「スカイツリー~」等々素早く言葉に出して言えるのもすごいなと傍で聞いていて感心してしまいます。
私がいた時間帯は4時間30分のペーサーが通過するあたりまででしたからこのクラスではあんまり仮装のヘビークラスは少なかったようです。

東京マラソン、本当に街を挙げての大きなお祭りですね。
ボランテアの方々、彼らもまた間違いなくこのレースを支えている大きな力。ボラのなり手が殺到するのもわかります。

11.JPG

「上を向いて走ろう」
42.195kmはやはり簡単な決心じゃ走れません。
完走者は完走したことを心から誇っていい、そのためにはこういう激励もいいんじゃないでしょうか。いや、今や国全体がこの気持ちが必要な時かもしれません。
その起爆剤になるのが「東京マラソン」そんな気持ちを持ちながら東京を後にしました。

12.JPG

いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


2012東京マラソン [レース]

今年の東京マラソン、曇り空ながら風もそう強くなく、コンデションは結構良かったんじゃないかなと思います。

今回は招待選手の選手層が豪華でした。
あの皇帝ゲブレシラシエをはじめとして2時間6分台2名7分台3名と国内規模レースとしては強い選手が揃い、ハイレベルなレースが期待されました。

01.JPG

注目の日本人トップは(優勝は、と言いたいところですがやはり関心はこちらにいあったはず)藤原新選手が2時間07分48秒で射止めました。

04.JPG

優勝したケニアのマイケル・キビエゴ選手とは11秒差とラスト2.195km参加選手中トップの速さで追い詰めましたが残念ながら2位。ここが勝ちきれると記録以上に価値が出てくると思いますが、それでも藤原選手はかなり後がない状態で臨んだレースという事だったので、この結果には大はつかないでしょうが満足はしてるでしょう。

02.JPG03.JPG05.JPG06.JPG07.JPG

そにしても今回のレース、例年に増して応援の人出が多かったような気がしますが、気のせいでしょうか。
私は11km過ぎでいったん見て二度目は反対側に渡って20km付近で見ようと思ったんですが、この辺りは観戦には好条件場所だけに沿道は人の垣根が続いて数センチの隙間もないような有様でした。
11km地点で見ていたらにこれから折り返しに向かう集団と折り返してきた先頭集団がすれ違うんですが、川内選手が通った瞬間だけ市民ランナーの声援が異様に大きかったのが印象的でした。

08.JPG

この大会のキャッチフレーズ「東京がひとつになる日」というのが本当に強く感じられるのが沿道であったり、ボランテアであったり、または地下での駅員さんの対応であったり、随所に見る事が出来る、やっぱり東京は素晴らしい大会だなと思いましたね。

09.JPG

今年はたまたまだったのか仮装の質がおとなしめになっていたような気もしましたが、仮装というよりはびっくりするような芸を披露しながら走ってる人がいました。
ジャグリングっていうんですか?ボールを体の前で器用に操りながら走っていましたね。
あと犬を連れて走っている人を目撃しましたがあれはありなんでしょうか(苦笑)

10.JPG

今回も沿道でクリールの編集長を見かけました。今年は抽選に当たったそうです。
でもこんなデジイチ持ちながら走るって仕事ながらほんと大変ですね。

11.JPG

今回は10kmの部の参加者が減った分がマラソン枠に回ったせいかいつもよりコースでの密集度がすごかったようにも感じました。実際走った会員さんの話によるとコースも狭く感じるくらい走りにくいところもあったという事でした。

12.JPG
上の写真は4時間30分のペーサーの後ろを走る大集団です。

13.JPG

スタート前にテレビで都知事がまだまだチャリティランナーの数が少ない、と言っていました。
沿道で見ていてちらほらゴールドのナンバーカードを見かけましたが、数としてはまだ少ないんでしょうね。
来年も倍率はさらに上がるでしょうし、外れたらチャリティ枠を考えるかもしれません。
それくらいにこのマラソンは楽しい、それを体験できるマラソンだと思います。

参加された皆さん、大会に携わったすべての皆さん、本当にお疲れ様でした。


いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


2012泉州国際市民チャリティマラソン [レース]

01.JPG

毎回変わり映えしないトップの絵ですが、これは泉州国際市民チャリティマラソンのスタート地点です。
今日はこのマラソンの応援に行ってきました。
このマラソンは堺市浜寺公園スタート、泉佐野市のりんくうタウンゴール、途中には今話題の朝ドラ「カーネーション」の舞台の岸和田も通る、堺から泉南地方を駆け抜けるというコースになっています。

終盤30km以降にマリンブリッジ、スカイブリッジという橋が待ち構えており、海岸線というロケーションから坂+風という結構きつい洗礼を受けなければならないレースなのですが、沿道の応援が熱狂的でリピーターの多いレースです。

今回は前日の天気予報で氷点下2℃という数字が出ていましたし、低温の中でのレースが予想されましたが、ふたを開けてみれば天気は快晴に近く、コンデションは良、と言いたいところですが、実際走った知り合いのベテランランナーに聞いたところ始終向かい風は吹いていたということでコンデションは良くなかったという風に聞きました。
実際10km地点で旗を持って移動してるとかなり向かい風がありそうな感じはしましたが、この辺りは感じ方に個人差があるようです。走られたみなさんはどうでしたか?

さてレースですが公園出口のスタート直後は未登録の部の招待選手の二人が少し前を引っ張る形だったようですが、優勝したのは丸林選手(トーエネック)。優勝タイムは2時間20分18秒でした。

02.JPG301が優勝した丸林選手

この優勝した丸林選手は大阪の和泉市の出身、清風から日大、そして実業団のトーエネックに入ったまだ実業団1年目のこれからの選手ですね。これから楽しみな選手が大阪出身というのは嬉しいですね。

ちなみに登録の部で2位に入った選手は市民ランナーですが実は彼の名前は昔から知っています。なぜ知っているかというと高校の後輩だからです。と言っても面識はないのですが。
彼は太成から大東文化大に行き箱根も9区を2回走っているランナーなんです。
実業団は確か廃部になってしまいましたがJAL・AGSに何年間か在籍していてニューイャー駅伝も走っています。その後名前は聞かなくなっていましたが、先月の大阪ハーフで68分台で名前があってその年齢とともにびっくりしてしたのを覚えています。これから注目の市民ランナーがまた一人誕生しました。

03.JPG男子の第二グループ10km地点

04.JPG女子優勝の田中選手

ランバディからは5名出場しましたが今回の内容には私自身反省せねばいけない点がありそうな結果でした。その中で何とか踏ん張ったレースをしてくれた西田さん。

05.JPG

今回は10km地点と30km付近に少しと、41km地点に14時40分近くまでいました。
41km地点は景気はいいのですがなんせ目の前が遮るものがない海。
かなり冷えました。しかしラスト1km地点はなんか凝縮されていますね。ここまで戻ってくると皆さんそれぞれ元気に走っている方を見つけるのが困難なくらいなのですが、ゴールに向かう気持ちの強さはたとえ歩かないといけない状況でも見ているこちらを熱くしてくれます。
やっぱりマラソンはいいですね。

06.JPG

初めてデジタル一眼カメラ、それも300ミリの望遠を手に持って撮影しましたが、やはりどれもピントがなんとなくシャープじゃないような。難しいですね。
でもシャッター音は最高ですね。
来週の東京でも活躍してくれそうです。

07.JPG

いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


メッセージを送る