So-net無料ブログ作成

取材されました [取材]

01.jpg

今日はツィートしたとおり繊研(せんけん)新聞社という業界紙の記者さんから取材要請があって、急遽メニューの都合がつく会員さん、チャレンジ企画の新旧モニターさんら9名にお集まりいただいた次第です。

この繊研新聞社というところはファッション・ライフスタイル関連のビジネス紙『繊研新聞』というものを発行しているそうです。
業界紙なので店頭に一般新聞紙と一緒に並んでいると言うものではないそうです。

今回の取材の目的はこの新聞でランニング関連の特集をされるそうでその中で、ランナーのリアルな姿を捉えたい、ということでした。
そこで練習会のトレーニングやコミュニケーション風景の撮影、簡単なインタビューとアンケートをあわせて行わせて欲しいというものでした。

03.jpg
04.jpg
05.jpg

参加していただいた皆さんに練習の前にアンケートに協力していただき、練習後は記者さんが一人ひとりに色々話を聞いていました。
会員さんの前向き、ポジティブな返答に記者さん、かなり感心されてましたね。
どのような記事になるのか分かりませんけど、出来上がりが楽しみです。

今回協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

06.jpg

今日は着替えを長居のrun-spot(ランスポット)で行いました。
まだ出来てあまり認知度が低いらしいですが目の前が大きな交差点でその前が長居公園。
立地条件は抜群です。
なかなか内装も好感持てるものでした。
長居に走りに行く際には重宝する更衣基地がまた一つ誕生しましたね。

07.jpg

いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ


大阪女子マラソン密着取材 [取材]

もうかなり前のような、1月末の大阪国際女子マラソン。
そのレースで密着取材されたのは…、私ではなく、一人の雪国のママさんランナーでした[ぴかぴか(新しい)]

2011ランナーズ4月号.jpg

今日発売のランナーズ4月号にランバディの会員さんが取り上げられました。
今年30回を迎えた大阪国際女子マラソン。
このレースで「雪国ママさんランナーの初挑戦」と題して山形県在住の佐藤さんが取材を受けました。
佐藤さんは昨年1月に入会。入会して約1ヵ月後にフルマラソンがあり3時間15分を切りたいということでした。
しかし今までの練習内容を拝見してちょっと厳しいかなと思いました。
その時のレースは自己新ではありましたけど残念ながら目標に及ばず。そこで狙いをすぐに5月の仙台ハーフでの90分切りに切り替えてやっていきました。
しかしその仙台でも体調が合わずに92分台と国際資格なりませんでした。


2011.2.22.jpg

そこからはもう一度立て直して9月の一関ハーフ目指そうということで練習に励みました。
そして一関では何とか再資格取りに成功。
ここからは大阪目指してきたのですが大阪間際は近年まれな大雪に泣かされました。
それでも前向きに取組んできた佐藤さん。
ランバディでは佐藤さんの他にも日本海側で雪と向き合いながら練習している会員さんが3名おられますが、皆さんに共通するのはどんな境遇でも工夫して粘り強くやり遂げようとするマラソンに必要な気質が備わっていることですね。
佐藤さんとは今回の大阪で初めてお会いしましたが普段はもちろんメールだけのやり取りです。
それでも1年を経てようやくマラソン練習の流れが出来てきたなと思っています。
どんな境遇でも時間をかければ何とかなる、まだまだ佐藤さんの挑戦は始まったばかりだと思います。
年齢的にもこれからが「旬」ですから。
「走ることは別体力、好きなことだし大変だから止めたいと思ったことはない」というところに思わず頷かされましたね[わーい(嬉しい顔)]



いつも応援ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキングへ



2011ランバディGW合宿参加者募集のお知らせ

ランバディ恒例の飛騨御嶽高地高原トレーニングエリアでの高地合宿、ゴールデンウィークに開催いたします。
合宿の内容は定番の距離走+トラックでのスピード練習からウルトラ対策の走り込み、初心者向け基礎トレーニング、この三つに対応いたします 。
今回の合宿はランバディ会員外のどなたでも参加可能です。
定員が少人数制のため行き届いた指導が受けられます。

5月3日(火曜) 木曽福島駅12時40分集合 5月5日(木曜)午前11時半 宿舎で現地解散 
場所:岐阜県高山市高根町小日和田桶シッタ1-1 スポーツインオラ(海抜約1400m)
TEL(0577)59-2477 
参加対象 レベルはビギナー~ベテランまで問いません
費用   27000円(消費税込み)
費用に含まれるもの
宿泊費(火曜夕食から木曜朝食まで5食つき)・指導料・トレーニング資料、など
※現地までの往復交通費は各自負担願います。
今回のキャンプ募集人員は申し込み先着順最大15名です。
定員になり次第締め切ります。

飛騨御嶽高地高原トレーニングエリアの玄関口、木曽福島駅へは公共交通機関で
東京から木曽福島までは新宿~塩尻、塩尻~木曽福島まで合計3時間半。
関西方面は大阪~名古屋、名古屋~木曽福島まで合計2時間24分。
意外と近い飛騨御嶽高地高原トレーニングエリアです。

参加お申込みはこちらから

合宿へのお問い合わせはこちらから

ランナーズ&クリール4月号 [取材]

今日は珍しくランニング専門誌2誌に掲載がありますので皆さん買って(ここ大事、汗)読んでくださいというお知らせです。



今日発売されたランナーズ4月号の「わたしの名コーチ」というコーナーに取材していただいた記事が4ページにわたって掲載されています。
内容は私のつたない指導法の中から練習強度に着目していただいて「主観強度を目安にトレーニングの流れを作る」というコンセプトで記事が構成されています。
読んでもらえば「らんばでぃ」の伊藤はどういう指導のやり方か?という事がだいたい分かっていただけるような内容にまとめられています。
そのほか会員さんのレースフラッシュの記事も掲載されたり、親友である武田先生のメンタルの記事もあったりします。



もう一冊、今日発売のクリール4月号。
こちらには先日2月2日に全3回終了したファイテン・ランニングクリニックの第2回目のクリニックの模様が掲載されています。
二条城での持続走のときの写真がありますけど、らんすかーずの皆さんがドカンと真正面から楽しそうに走る姿が大きなカットで載ってます(^o^)
こちらのクリニックの内容はビギナー向けですが、集合写真、皆さんいい表情で写ってますよ。
そうそう、クリールはもう東京の写真と記事が8ページもカラーで掲載されていますね。
これには驚きました。


あなたの一押しが順位をUP!
↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング!


メッセージを送る